記録的大雪のあと、1月28日(木)メルカつきまち5階の長崎市市民生活プラザホールにて、長崎県産の原材料を使用したり長崎県内において製造された商品で、創意と工夫にあふれた新しい特産品が一堂に集められました。

これから私たち県民に紹介することと、その優れたものについて顕彰を行うことで、県内の事業者のみなさんの新商品の開発意欲を促進して、ふるさと長崎県の産業の振興を図ることを目的に開催されました。 審査品数は158点にものぼり、農産加工品・酒・飲料部門 、水産加工品部門 、菓子・スイーツ部門 、工芸・日用品・その他部門 4部門に分けられ、審査委員は学識経験者、流通関係者、デザイナー等10名で、それぞれ印象や外観、品質、ニーズ、長崎らしさ、など細かく審査されていました。

その中で、わたしたちSole-Yoka~jyoでご紹介した米粉屋さんや私たちと同じく女性として長崎を元気にしようとしているナガサキマジェンダ100さんが優秀賞を受賞されました!

他にも、パッケージがおしゃれだったり、ふだんに持っていてセンスが光るものなど思わず手に取りたくなるものがたくさんありました。

みなさんも何気なく普段使いにするとオシャレ度アップしそうですよ・・

農産加工品部門
優秀賞(株)米粉屋 米粉の離乳食(7種)

工芸部門
ナガサキ・マジェンダ100 長崎産あこや貝本真珠チャームストラップ「福来椿(ふくらつばき)
他、虎屋 あごんちょび

世界遺産特別賞
ウチダデザインスタジオ(長崎カルチャーグッズSHOP&CAF?) 軍艦島定規

入賞商品の一般公開は 平成28年4月上旬 「春の県産品まつり」会場内・第47回長崎県特産品新作展(場所:浜屋百貨店8階催事場・長崎市浜町7−11)と東京での長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」(平成28年3月7日オープン)での展示等(場所:アーバンネット日本橋二丁目ビル・東京都中央区日本橋2−1−3)